--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/06/15

ヤマメの甘露煮



もももももも・・・文字入れ間違ってますorz
煮詰めるなのに、に詰めるになってるー

こういう間違い、実に私らしい~ ウンウン
ちょっと変わったことするとすぐこれだ(笑)


頂いたヤマメを甘露煮にしました。

ヤマメって"山女"と書く。
ヤマノオンナ??

前から気になていたけど・・・ということでなんとなく調べてみた。

そしたら一つではなく、いろんな由来が出てきたー
どれが本物か分からないので由来の話はここまで(笑)

話戻しまーす。


小さい頃から食べてるヤマメ。
この甘露煮も父が作っているのを見て育ち、いつの間にか受け継がれていた料理。
よくお土産屋さんで売っているような濃い味付けではありません。
保存食でもないので、あっさりとヤマメを生かした味付けになってます。

・ヤマメ
・醤油
・みりん
・砂糖
・酒
・水
・梅干し

最初に甘さを決めて、それから少量の醤油と梅干し1~2個を加えて弱火でじっくり煮詰めます。
おつゆは気持ち多めに作っておいた方がいいです。
1時間以上は煮詰めるのでなくなっちゃいますからね。






腹を抜いたら煮崩れ防止の為に素焼きします。
焦がさないように注意~
焼けたら冷まして落ちつかせてから煮ます。

今回は5匹なので梅干しは1個です。
5匹だけだと甘く見ていたらおつゆが足りなくなってしまいました。
梅干しも少し大きすぎたのでまだしっかり赤さの残る梅干しになっちゃった。
しっかり煮詰めると梅干しもヤマメと同じ色になります。
酸味もなくなり、旨みの抜けた梅干しという感じ。

この梅干しを入れるのと入れないのでは全然味が変わります。
わたしは絶対いれますよ♪ オススメ!!

しっかり煮れば骨まで柔らかく、ホロホロと崩れて頭から尻尾まで全部食べられます。
よく売ってるサバ缶のような柔らかさ。
小さめのお魚ならできます。
こうして全部食べてあげられるとお魚にも申し訳なくないですね。
ヤマメさんありがとうって感謝をして、今日もごちそうさまでした♬






近くの田んぼによく現れるカモのご夫婦。
ホント仲良しでいつも一緒にいます♡

この日もいたので写真を撮ろうと近づいたらこの通り。
華麗な泳ぎでスーッと逃げられました(笑)




ご飯

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。